チェコ好きの日記

旅 読書 アート いいものいっぱい 毎日楽しい

「手帳に夢を書くと実現する」は本当か? を検証してみた。

手帳に夢を書くと実現する」という話を、聞いたことがある方はたくさんいると思います。
わざわざ手帳じゃなくても、そのへんの紙でもいいし、Evernoteでもいいのですが、要は「書いたことは実現する」ということですね。

その話を、私が初めて聞いた(読んだ)のはこの本です。
著者の杉村太郎さんは、学生時代に手帳に書いていた夢がすべて実現しているそうです。

絶対内定2014

絶対内定2014


就活生の間で有名な、「絶対内定」シリーズ。私が購入したのは、初めての就活を経験した学部3年生のとき、2009年度版です。
一部では悪名高い(?)「絶対内定」シリーズですが、私も3年生のときは絶対、内定が欲しかったのでもっていました。
(その後、就活に疲れドロップアウトして大学院に進学します……)

この本の是非はおいておくとして、私が「人生において実現させたい夢」を狂ったようにリスト化し始めたのは、この「絶対内定」を購入した2008年からでした。
下は、当時のノート。
f:id:aniram-czech:20121022045219j:image:w360
こちらは、2010年から2013年の「ほぼ日手帳」でつくっているリスト。
f:id:aniram-czech:20120917163406j:image:w360

2008年から約4年半が経過しているわけですが、このリストのなかで実現しているものはいくつあるのか? を今回、検証してみます。
「夢を書くと実現するって本当?」と疑っている方は、参考にしていただければと思います。

★★★

達成率は15%程度だった

検証をしてみた結果、リストのなかから実現していた夢は、

2008年→8個/50個
2009年→7個/50個
2010年→12個/100個
2011年→14個/100個
2012年→8個/100個

という感じになりました。4年半では、「書いた夢はすべて実現する!」とまでは、さすがにいかないようです。
ちなみに私が書いているこのリストには、定量不可能な夢も多く含まれています。(ヤン・シュヴァンクマイエルを一生愛す! とか。笑)
そういったものは、自分の実感で、達成/未達成を判断しました。

「実現しなかった理由」はいくつか考えることができます。
1・努力不足
2・夢そのものが変わった
3・4年半では実現できない

1・努力不足
努力不足、というよりは、「夢」を1年間・1か月の計画にきちんと落とし込んでいないなど、「計画に甘いところがある」といった感じでしょうか。
せっかく狂ったように書いたリストなので、ムダにならないよう1つ1つ着実に実現していきたいところです。
私は2013年から、“計画”に関してはかなりきっちり組んでいこうと考えています。
具体的には以下のエントリに書きましたが、「3か月目標」や「1か月目標」を定量可能なものにし、振り返りもきちんと行なっていくつもりです。
ほぼ日手帳2013 手帳に何書いてる? - (チェコ好き)の日記
うん、来年から本気出す。笑

2・夢そのものが変わった
2008年の夢リストを見ていると、「何じゃこれは?」と思うようなものもいくつかあります。
学生時代、煩悩多かりし頃は(?)私もいろいろなブランド品にあこがれていたので、
マルタン・マルジェラの服を着こなしたいとか、クロエかバレンシアガのバッグがほしいとか書いてあります。

今でもマルジェラの服やクロエのバッグがほしくないわけではないですが、そんなお金はないのでちょっとあきらめています。
ま、あと20年以内に1個くらい買えればいいかもしれないですね。

当たり前といえば当たり前ですが、リストから消えてしまった夢は実現しないようです。

3・4年半では実現できない
私はかなりアバウトに、思いついたままこのリストをつくっているので、
「死ぬまぎわに謎の言葉を残したい……」とか
「65歳で穏やかに死にたい」とか、

4年半で実現されては困る夢も入っています。笑

ちなみに、「死ぬまぎわに謎の言葉を残したい」というのはですね、豊臣秀吉が死ぬとき「浪速のことは夢のまた夢……」という謎の言葉を残したらしいというのがかっこよくてリストに入れました。私も、ミステリアスな人生を送りたいです。(←中2病)

こういったキワモノな夢はおいとくとしても、「○○に行きたい」という旅行系の夢は数年ではなかなか実現できないですし、「教養を深めたい」とかいつまでも終わりのない夢、どうしても時間のかかる夢、というのはどんな人の目標にもふくまれていると思います。

以上の要因から、私の「夢達成率」は15%を下回る結果となっていました。

★★★

とらえかたは自分次第

15%という達成率を高いとみるか、低いとみるかは人それぞれです。
が、一般的には「低い」とされてもおかしくない数字でしょう。

でも、私はたぶん今後もずっと、夢をリスト化するのをやめないと思います。

かなり本気でやって15%以下だとがっかりするかもしれませんが、私は実現したいくつかの夢をかなえるために、
特別な努力は何もしませんでした。

となると、純粋にただ「書く」だけで15%も実現するなら、けっこう儲けもんじゃないかと思うわけです。

サンプルが私だけなのでいかんともしがたいですが、
「手帳に夢を書くと実現する」についての検証は、

何の努力もしないと15%くらい。
きちんと計画を立てて努力すれば、100%も不可能ではない。

という結果になりそうです。

信じるも信じないもあなたしだい!