チェコ好きの日記

旅 読書 アート いいものいっぱい 毎日楽しい

マジメにやると、断捨離は意外とリバウンドしないです

私の部屋は、決して「キレイ」とはいえません。

今すぐお客さまを招いて平気な状態か? と問われれば、
答えに窮してしまいます……


しかし、一度マジメにモノを捨て「断捨離」した私の部屋は、
「キレイ」でなくても、雑然としていても、
どういうわけか、私にはすっきりして見えるのです。

※モノを捨てまくったときのエントリはこちら
断捨離実践中! いらないモノを、いっきにガンガン捨てられる方法おしえます。 - (チェコ好き)の日記

f:id:aniram-czech:20130109115847j:plain
机の上は、こんなふうに読み終わった本のタワーが何本もできているし、
文房具が散らかっていたり、ふせんが散らばっていたりするのに。


やせ我慢ではありません。笑
何といえばいいのか、
「すぐに元のキレイな状態にもどせるという安心感」?
そんなものがあるため、散らかっていても
あまり気にならないのです。

この安心感は、どこからくるのでしょうか?



一度マジメにモノを捨てると……
「2」も出たベストセラー、近藤麻理恵さんの本『人生がときめく片づけの魔法』。

人生がときめく片づけの魔法

人生がときめく片づけの魔法


私は、話題のこの本で紹介されている方法に沿って、
一度マジメにモノを大量に捨ててみた時期があるのです。
今から2年くらい前でしょうか。

近藤さんの本では、とにかくできるだけイッキに、
モノを捨てることを推奨しています。
「1日1つ捨てよう」みたいな方法は、邪道です。

衣類からはじまって、本、書類、小物類、思い出の品。

ほとんどのモノにおいて、近藤さんは、
「まず家じゅうにあるモノすべてを床にならべる」
ことから始めるように、本書でいっています。


服なら服、本なら本で、
「家じゅうにあるモノすべて」ですから、
これはものすごくものすごく大変な作業です。

さらにそのなかから、不必要なモノをえらびとって、
ゴミ袋にまとめて、ゴミに出して……


作業を行なっている最中は、高揚感もあり、
意外と楽しい時間だったりするのですが、

後から思い出してみると、非常に面倒くさく感じられ、
「もうあんな大変な思いはしたくない」と、思うようになります。


すると、どうなるか。

不必要なモノを、あまり買わなくなるのです。

私の場合、特に効果的だったのは、衣類です。

以前は、あまり気に入っていない・着ていない服もたくさん箪笥に入っていました。
しかし、一度「片づけ」をしたあとは、あれから2年以上経った現在でも、
本当に気に入っている、よく着る服しか箪笥には入っていません。

もう、「服を全部ならべて、いらないモノを捨てる」という面倒なことは、
あまりしたくない。

その「二度とやりたくない」というダルさが、
私に「きちんと使える服を選ぶ能力」を身に付けさせたようです。笑



「すべてわかっている」という安心感

さらに、近藤さんの方法にしたがってマジメにモノを捨ててみると、
モノがすべて「可視化」されるようになります。

家じゅうのモノを、一度すべて床の上に集め、
そのなかから触って「ときめく」モノだけを残し、あとはすべて捨てていく。

そんな方法で「片づけ」をしていくと、
自分の所有しているモノがすべて、わかるようになります。


どこに何がどれだけあるかわからない四次元空間で生活するより、
もっているモノがすべて可視化されている状態というのは、
とても安心感があるということがわかりました。

「どこに何があるかわかっているから、すぐにキレイな状態に戻せる」
という安心感と、
「部屋にあるものはすべて自分が“えらんだ”モノであり、不必要なモノはない」
という安心感。


これが精神におよぼす作用は、とても大きいんじゃないかと思うんです。
激務で体がボロボロでも、部屋に入るとホッとしますもん。


あとは、近藤さんの本にのっていた話ではありませんが、
「ここだけは散らかさない」というゾーンをつくっておく、
というのもおすすめです。

私の場合、机の上はいつも本や書類が散らばっていて雑然としていますが、
ベッドのまわりだけは散らかさないように気をつけています。
寝る場所が散らかっていると、疲れがとれない気がするので……

忙しい人ほど、一度ぜひ時間をとって、
モノをマジメに捨ててみようというお話でした。

「キレイな部屋ですごす」(※自分がキレイだと思いこめる部屋ですごす)
という生活に、救われる部分は多いです。


偏見かもしれないけれど、事件などがあって犯人の家がテレビに映ったりすると、
だいたい、使っていないであろうさお竹とか、子供の自転車とか、
いらないモノが荒んだ状態で置かれていると思いませんか。

人の精神というのは、ほんの小さなことで救われるし、崩れていくんだなあと、
それを見て考えるんですよね。



「断捨理」しよう!
と思い立った方は、引っ越しシーズンで業者の予約がいっぱいになってしまう前に、
急ぎましょう。寒いけど。