読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チェコ好きの日記

旅 読書 アート いいものいっぱい 毎日楽しい

「21日習慣づけ」ってアプリがおすすめ。目標を達成するってすごく地味。

最近、太りました。

いきなり何を……という感じですが、
高校・大学と、わりと「スリム」な部類の体型だった私にとって、
(勘違いでなければ)

「太った」というのは、けっこうショックな事実なのであります。

そこで、ダイエットのため、今年の1月から、
「毎日スクワットをする」という目標を立てていました。

いちばん気になるのはお腹なので、
腹筋にしようかとも思ったのですが、
「スクワットのほうが大きな筋肉をたくさん使うので効果的らしい」
という話を、知人から聞いたので。
(本当か?)

飽きっぽく、何事も3日坊主でおわってしまうことの多い私ですが、
今回ばかりは、けっこういいペースで続けられています。

続けられているのは、iPhoneにいれている、
「21日習慣づけ」というアプリの力も大きいと思います。

有名な話なので聞いたことのある方も多いと思いますが、
人間の脳は、21日間続けたことを「習慣」と認識するのだそうです。

そのため、21日間続けられたら、
その後はあまり労力をかけず続けることができる、というわけ。

アプリ自体はシンプルなしくみで、
「毎日続けたいこと」の項目を登録し、
できたら○、できなかったら×、少しだけできたなら△、
というふうにカレンダーに記録していきます。
f:id:aniram-czech:20130224041934p:plain

きちんと21日続けられたら、
右上の「再度」という箇所をタップすると、
その項目をまた21日くりかえせます。

単純ですが、「続いてるな!」ということを目視確認できるので、
何とか、がんばってやってみようという気持ちがわいてくるようです。

★★★


目標を達成するってすごく地味だ


「毎日スクワットをする」以外にも、
今年の1月から続けられていることが、実はもう1つあります。

それは、「駅でエスカレーターを使わない」こと!

運動不足で筋肉が落ちているために、
代謝も落ちて太ってきていることはわかっているので、
もう徹底的に筋肉をつけたいわけです、私は。


昨年の私は、駅でもどこでも、エスカレーターを見つけたら、
スイスイそちらに引き寄せられていっていました。

しかし、一念発起した今年は、
息切れしようと何だろうと、
もう絶対に階段しか使わないことにしたのです。


すごく小さなことなのですが、
恥ずかしながら、最初はツラかったです。
いやいや階段をのぼっていました。

でも、ちょうど3週間くらいたった頃でしょうか。

それまで「のぼるぞ!」と心の中で意気込んでから(?)
のぼっていた駅の階段を、

私は何も考えずに、無意識にのぼっていたのです。


さらに「エスカレーターを使わない」ことを2ヵ月続けた現在では、
エスカレーター付近は人が多いので敬遠するようにさえなっています。

ぞろぞろと列に並んでエスカレーターを使うより、
さくさくすいている階段をあがったほうがラクなんじゃないかと、
最近は思っているんです。
どうです、この進歩。

つくづく、人間というのは「惰性」の生き物なんだな、と思いました。

毎日続けていることは、その善い悪いに関係なく、
何となくそのままダラダラ続いてしまうもののようです。

「毎日筋トレをする」とか、
「毎日英語の勉強をする」とか、

立派な目標を立てて意気込むよりも、

人は「惰性」の生き物なんだと認識して、
どうにか善い「習慣」を「惰性」に持ち込むのが、

目標を達成するための方法なのかな、と思いました。


だから何、という感じのエントリになってしまいましたが、

痩せたいんですよ、私は。

やせる! (光文社新書)

やせる! (光文社新書)