読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チェコ好きの日記

旅 読書 アート いいものいっぱい 毎日楽しい

ブログをやっていてよかったなぁと思うメリット3つ

実は、この(チェコ好き)の日記開設から、もう……というべきか、やっと……というべきか、とりあえず、1年がたちました。

ブログ開設の経緯は、以前にも書きましたが、
目標達成記念! (チェコ好き)の日記はどこへ行く? - (チェコ好き)の日記

今回は、月にだいたい10~15回を更新するブログを1年間継続してきて、気付いたこと、変化したと思うことなどを3つほど、まとめてみようと思います。


1・アウトプットの引き出しがふえました
1年前は、とにかく自分が日常で感じたこと、考えたことをダラダラと書いているエントリが多かったと思います。
BEFORE 軍師になれば? - (チェコ好き)の日記

今でも基本的には「日常で考えたこと」をダラダラと書いているので、何だ、一緒じゃんという感じですが、

「日常で考えたこと」を自分のなかでより細分化し、具体的な話題に分解し、トピックを絞って語ることができるようになった気がします。
AFTER 続:いる?いらない? “文学部”ってどうなのよ? - (チェコ好き)の日記

あとは、美術館に行くこと1つとっても、今は「この美術展をどういう切り口でブログに書けば、より多くの人に興味をもってもらえるか」とかを考えながらまわっているので、ただダラダラと見ていた1年前とはやっぱりちがうかなぁと思います。


ようは、同じことを見たり感じたりしても、いろいろな切り口から物事を考えられるようになった(かも)、ということです。

日常のことについても、私の得意分野であるチェコや美術のことに関しても、「何か書いてよ!」といわれたときに(いわれないけど)、さっと“何か”が思いつくか否か。さっと“何か”が書けるか否か。

それが1年間ブログを続けてきて感じる、もっとも大きい「変化」です。

※ちなみに、上の「軍師になれば?」は、決してうまく書けているとは思わないけれど、個人的に気に入っているエントリ。


2・文章がうまくなりました(当社比)
先日、部屋を整理していたら、中学校の卒業文集が出てきたので、思わずじっくりページをめくってしまいました。そこで、自分の作文を読んでいたら、ちょっとめまいが……。

実は、私の書く文章(文体)は、悲しいかな、中学生の頃からあまり変わっていないようなのです。中学生のときの作文を読んでも、「これ、最近書いたやつ?」と見紛うほど。

このブログを続けた1年で思う「文章がうまくなった(当社比)」というのは、文章自体の妙ということではなくて、文章の構成とか、話題の振り方とか、そういうことです。
BEFORE どちらの人生が? - (チェコ好き)の日記
AFTER プライベートを優先したらダメなんでしょうか - (チェコ好き)の日記

1年前は、「ブログ(ネット)で文章を書く」ということがどういうことなのかよくわかっていなかったので、何の章も立てずに、とにかく思ったことを思った順にばーっと書いていたんですね。

でも、今では、少しでも論がわかりやすいよう、自分の考えたことの筋道をたどってもらいやすいよう、いくつかの章に分けて文章を書くようにしています。ネットで文章を読む人は、それほど時間に余裕をもってもらえているわけではなく、忙しいなかのスキマ時間を使って読んでくれているということもわかったので、思ったことを思った順に書いていたらキリがない。

まだまだ未熟で精進していきたいところではありますが、1年前よりは読みやすい文章が書けるようになった気がします。


3・インプットが質・量ともにアップ?
私はものすごく遅筆なので、ブログ1エントリ更新するのに、実はとても時間がかかっています。短くて1時間。長いと、6時間とか……。お菓子を食べたりお茶を飲んだりしながら、あーでもない、こーでもないとPCの前でのたうちまわっています。(そして、太る。)

ブログを更新するのにそんなに時間がかかっているんだから、さぞかし本を読む時間も量も減ってしまったんでしょう……と思いきや、実は、ブログを書かなかった1年よりも、ブログを書いた1年のほうは、読書量がふえているんです。1年間で、20冊くらい。美術館に行く回数も、人と会って話す時間もふえています。

時間の総数がふえているわけはないので、そのぶん何かの時間を削っているんだと思いますが、はて何を削っているのやら。無意識なので、よくわからないです。睡眠時間?

「ブログを書く」=「アウトプットする」ということは、そのぶん何らかの形で、インプットをする必要があります。1エントリ更新するには、自分のなかにあるいろいろなことを、切り売りしないといけない。だから、どんどん出ていくものがあれば、どんどん入れていく必要があるんですね。いい意味での自転車操業です。

★★★

いわゆる「有名ブロガー」の方から、私のような零細ブログの管理人まで、何かの節目には、みなさん口々に「ブログをやっててよかったー」っていいますよね。

私も、「うっそー?」と思いつつも、騙されたと思いながら1年間やってきて、やっぱりみなさんと同じように、「ブログをやっててよかった」と思います。

この先ブログを3年、5年を続けていったら、今度はどんなことが起こるのでしょうか。

今から、ちょっと楽しみです。

20歳の自分に受けさせたい文章講義 (星海社新書)

20歳の自分に受けさせたい文章講義 (星海社新書)