チェコ好きの日記

だいたい木曜日の22時に更新されるブログ※9月までお休みします※

文学フリマという本気度100%の遊び

25日、参加した文学フリマを終えました。来てくださった方々、本当にありがとうございました。


20部刷ってすべて完売したのですが、先日書いたとおり、絶対に売れ残ると思っていたし、むしろ1冊も売れない覚悟すらしていました……。



ところでこの20冊、1冊500円で販売していたんですが、つまり完売すると10000円の利益になるわけですが、印刷代に16000円かかっています。他、参加費とか交通費とか雑費とかいろいろかかっているので、完売しても赤字の計算でした。最初から。


たくさんの時間と労力と赤字計算になるお金をかけてまでなぜやったのかというと「やってみたかったから」としか言いようがないのだけど、30代になってもこういう遊びができる仲間と環境に恵まれたことは、本当に感謝しないといけないのでしょう。創作って、まず「完成させる」っていうとても大きなハードルがあって、それはきっと私一人では乗り越えられなかったと思う。



「1回やれば満足するかな?」と夏くらいまでは思っていたのだけど、「次はこういうテーマで書きたい」「もっと上手く書きたい」とどんどん欲が出てしまったので、私はまた来年もいくつかの創作を発表すると思います。今書きたいのは、『バナナフィッシュにうってつけの日』みたいなやつと、あと百合。嫉妬と憎悪と狂気に満ちた百合。


来年は、赤字じゃなくて、せめてトントンになるようにしたいと思う。そうしないと続かないし、今年より上を目指さないとやる意味がないからです。遊びは遊びなのだが、やるならちゃんと、本気で遊んだほうが絶対に楽しいと思う。



文フリ後は力尽きたのか寝込んでいたのだけど、2018年のいい締めくくりになった気がする。何より、私たちの創作グループはもちろん、本気で遊んでいるいい年した大人がこんなにいるんだということ(※参加者過去最多だったらしい)は、けっこう希望ではないでしょうか。


社会人になったら遊べなくなるよなんて学生時代に聞いた戯言は大嘘で、私はいつもだいたい遊んでいる。来年は何して遊ぼうかな。


ご来場くださった方々、本当にありがとうございました。