読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チェコ好きの日記

旅 読書 アート いいものいっぱい 毎日楽しい

旅をすることで人生は変わる フィレンツェ編

前回はフィレツェ郊外の、フィエーゾレという街について書いたところで終わってしまいましたが。
旅をすることで人生は変わる フィエーゾレ編 - チェコ好きの日記

f:id:aniram-czech:20130115032349j:plain
やっと、フィレンツェに入ります。

メディチ家によってその栄華を極め、「花の都」とよばれるようになった、ルネサンス発祥の街フィレンツェ

ですが、私がフィレンツェに抱いたイメージは、その華々しいイメージとは裏腹に、「厳格な、冷たい石の街」といったものでした。

着いて早々、ウフィツィ美術館ボッティチェリの絵画である『ヴィーナス誕生』などを見て「うひょー」となったものの、
f:id:aniram-czech:20130115031305j:plain
f:id:aniram-czech:20130115031422j:plain

その日はもうすでに夜が近付いており、私たちはまっすぐホテルへ帰りました。
f:id:aniram-czech:20130115031547j:plain


次の日から、私たちは、いくつもの教会をまわりました。

フィレンツェのシンボルともいえる、花の聖母教会ドゥオーモ、サン・ロレンツォ教会、サンタ・クローチェ教会、サンタ・マリア・ノヴェッラ教会……

石で造られたこれらの教会のなかは、まだまだ季節は冬であった3月には、底冷えするような寒さ。


観光客はたくさんいたけれど、薄暗く、ほこりくさい教会のなかは、肌を刺すように、空気が透きとおっていたのでした。

f:id:aniram-czech:20130115032416j:plain
f:id:aniram-czech:20130115032503j:plain
f:id:aniram-czech:20130115032440j:plain

インターネットが発達した現在、その気になれば、世界中のどこだって、インターネットで見ることができます。

でも、どんなにインターネットで映像を見たって、それはやっぱり「旅」にはなりません。

なぜならば、ごく当たり前のことなのだけれど、インターネットでは、フィレンツェの教会のなかの、あの石の冷たさや、ほこりくさいにおいは感じられないから。


事前に、あるいは旅から帰ってきたあとに、その土地に関する本を読んで、思いを馳せること。

その土地の空気を吸うこと、その土地に住んでいる人と会話をすること、その土地で売っている食べ物を食べること。

インターネットがあれば旅行はいらない、といっている人を見ると、冗談か、僻みか、あるいは今まで、よっぽど貧しい旅の体験しかしたことがなかったんだろうなあ、と気の毒になります。(普段はこういうことはあまり思わないのですが、旅に関してだけは)

f:id:aniram-czech:20130115035056j:plain

アンドレイ・タルコフスキーも、フィレンツェを訪れているはずですが、映画『ノスタルジア』には、私の記憶している限りでは、フィレンツェは登場しません。ロケ地をめぐる旅はまだまだ続きます。

次の行先は、シエナ

ノスタルジア [DVD]

ノスタルジア [DVD]

続きはこちら:
旅をすることで人生は変わる シエナ編 - チェコ好きの日記