チェコ好きの日記

旅 読書 アート いいものいっぱい 毎日楽しい

私が愛しているイタリアの教会・修道院5選

毎年、あったかくなってくると私のなかの“旅行欲”がむくむくとわき起こってしまってほとほと困っているわけですが、もうすぐGWですね。みなさま、いかがお過ごしでしょうか。突然ですが、私はイタリアが好きです。なかでもいちばん好きな都市は、やはりロー…

この世に完全なるオリジナルは存在しない

突然ですが、下の画像を見てください。 これは、チェコが生んだ奇才、ヤン・シュヴァンクマイエルの『ヴァイスマンとのピクニック』という短編映画の1ショットです。『ヴァイスマンとのピクニック』は、こちらのDVDに収録されています。ヤン・シュヴァンクマ…

私の、旅の7つ道具

「Hibilog | 世界一周と日常と考察ブログ」というブログをつくっている青木優さんが、いろいろな人の「旅の7つ道具」を集めているというので、私も「はて、7つ?」と、いつも旅にもっていく持ち物について、ちょっと考えてみました。 私のこれまでの旅先は、…

イギリスを旅するならこれを読め!な、5冊

ある国を旅行で訪れるとき、ガイドブックすら用意せずに、何の先入観ももたずに身1つで出かけていってしまう…… なんていう、沢木耕太郎のようなワイルドな旅もいいですが。私はやっぱり、事前にできる限り下調べをして、その国に関連する歴史、文学、社会、…

ロンドンひとり旅 テート・モダンへ、そして日本へ

ロンドン、ストーンヘンジ、バース、レイコック、オックスフォード、 たくさんの教会、美術館、食事、紅茶。お腹が痛くなったり胃がもたれたり、歩きすぎで踵が痛くなったりもしたけれど、気が付けば旅行も最終日。毎日食べていたホテルの何気ない朝食も、何…

ロンドンひとり旅 イギリスの紅茶は本当に美味しいのか?

前回は、イギリスの代表料理(?)フィッシュ・アンド・チップスや、エールビールについてのエントリを書きました。 ロンドンひとり旅 イギリスの料理は本当にまずいのか? - (チェコ好き)の日記さて、イギリスといえばもう1つ、「食」と聞いて忘れてはいけな…

ロンドンひとり旅 イギリスの料理は本当にまずいのか?

ちきりんさんの講演会レポートやほぼ日手帳2014の発売などでしばし中断していましたが、イギリス旅行記の再開です!ナショナル・ギャラリーと大英博物館の観光を終えて、翌日は、いよいよロンドン最終日となってしまいました。 ロンドンひとり旅 ついに来た…

ロンドンひとり旅 ついに来た!大英博物館

午前中にナショナル・ギャラリーを訪れ、本の中でしか知らなかったあの絵この絵に出会って、大満足だった私。 ロンドンひとり旅 あの絵この絵に出会う、ナショナル・ギャラリー! - チェコ好きの日記しかし、ロンドンに行ったのならば、ここに行かずしては、…

ロンドンひとり旅 あの絵この絵に出会う、ナショナル・ギャラリー!

2日連続でロンドンを出て、郊外の町へ日帰り旅行をしてみた前回、前々回。 ロンドンひとり旅 オックスフォードへ - チェコ好きの日記 ロンドンひとり旅 ストーンヘンジと、ローマ人の温泉 - チェコ好きの日記 翌日は再び、ロンドン市内の観光にもどりました…

ロンドンひとり旅 オックスフォードへ

ストーンヘンジ、バース、レイコックと、ロンドン近郊の名所や、小さな町をめぐった前回。 ロンドンひとり旅 ストーンヘンジと、ローマ人の温泉 - チェコ好きの日記その翌日も、私はまたまたロンドンをはなれ、バスを使って日帰りの旅に出ることにしました。…

ロンドンひとり旅 ストーンヘンジと、ローマ人の温泉

前回は、はるばるテート・ブリテンまでミレイの大作『オフィーリア』を見に行ったにも関わらず、結局会うことができずに挫折した……というところまでを書きました。 ロンドンひとり旅 オフィーリアに会いに行く! - チェコ好きの日記その後、まだ外は十分に明…

ロンドンひとり旅 オフィーリアに会いに行く!

前回は、ロンドン・ヒースロー空港に到着し、iPhoneの地図を見ながらアールズ・コートという駅にあるホテルにたどり着いたところまでと、ロンドンを旅行する上での基本情報などを書きました。 ロンドンひとり旅 イギリス旅行のキホン! - チェコ好きの日記さ…

ロンドンひとり旅 イギリス旅行のキホン!

前回に引き続き、本日からは本格的なロンドン旅行記です。 私がロンドンに行ってきた理由。 - チェコ好きの日記大半は個人的な体験の記録ですが、「今度イギリスに旅行(or出張)に行くことになった!」っていう方のために、役に立つような現地情報も含め、綴…

私がロンドンに行ってきた理由。

こんなものを書き残して1週間。 (チェコ好き)の日記は、夏季休暇に入ります。 - チェコ好きの日記飛行機を乗り継いで14時間以上、実は北海道の稚内市よりも北にある、ロンドンに5泊7日で出かけておりました。 日本が死ぬほど暑くて大変だったなか、こんなこ…

(チェコ好き)の日記は、夏季休暇に入ります。

当ブログ(チェコ好き)の日記は、管理人の旅行により、これより約1週間、夏季休暇に入ります。 旅先にPCを持っていったりはしないので、しばらく更新がストップします。(……といっても、もともとそんなに更新頻度の高くないブログなので、この告知、いらない!…

20代の私が、国内旅行より海外旅行を選ぶ3つの理由

夏も真っ盛り! です。お盆休みも近付いてきたところで、長期の旅行に行く予定がある方などは、準備に追われているところかもしれません。私も今回、実に2年半ぶりの長期旅行(といっても1週間)に出かける予定で、 行先は海外です。 さて、このブログでも度々…

村上春樹『遠い太鼓』に見る旅の極意3つ

以前、作家・村上春樹の旅エッセイについてのエントリを書いたことがあります。 『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』を読む前に、これもチェック! - (チェコ好き)の日記村上春樹の旅行エッセイというのは、本当に味わい深く、小説とはまたちがっ…

夏の旅行、準備はOK? お気に入りのスーツケース、中身をスッキリ整理するコツ!!

この夏、旅行の予定がある! という方も多いはず。かくいう私も、8月のお盆休みに、約1週間の旅行に出かけます。まだまだ先だから……といっている内にやってきてしまう、旅行の日。そのため、私は毎日のように、あれやこれやの準備で大忙しです。まぁ、その忙…

旅行者には4つの種類がある。あなたはどれ?

長期の休暇があり、旅行に行くとします。あなたはまず、どうやって行先を決めますか? また、その旅行はだれと行きますか? 事前にどんなガイドブックを買いますか? ガイドブック以外に、何か本は買いますか? どこを、どんなふうに、どれくらい時間をかけ…

旅をすることで人生は変わる 番外編の「庭園」

2010年のイタリア~フランス旅行の想い出をつづった、「旅をすることで人生は変わる」シリーズを、全8回の連載で終了しました。 旅をすることで人生は変わる フィエーゾレ編 - チェコ好きの日記 旅をすることで人生は変わる フィレンツェ編 - チェコ好きの日…

『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』を読む前に、これもチェック!

4月12日に、村上春樹の新作長編小説、『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』が、発売されることになったみたいですね。色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年作者: 村上春樹出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2013/04/12メディア: 単行本 クリッ…

旅をすることで人生は変わる パリ編 最終回!

2010年、3月。就活をすっぽかして、イタリアとパリをめぐった半月。今回で何と8回目となる長期連載になってしまったのですが、いよいよ(?)最終回です。 フィレンツェから入り、シエナ、アッシジ、オルヴィエト、そしてローマと、ひたすら南下してきたイタリ…

旅をすることで人生は変わる ローマ編 その2

1回で書き終わると思っていたけれど、終わらなかったローマ編。「その1」はこちらです。 旅をすることで人生は変わる ローマ編 その1 - チェコ好きの日記★長らくふれていませんでしたが、そもそもこの旅は、アンドレイ・タルコフスキーの、『ノスタルジア』…

旅をすることで人生は変わる ローマ編 その1

「その1」って何だ? と思うなかれ。笑長かった旅も、いよいよ終盤です。前回のエントリはこちら。 旅をすることで人生は変わる オルヴィエト~タルクィニア編 - チェコ好きの日記この旅では、フィレンツェの郊外から始まり、シエナ、アッシジ、オルヴィエト…

旅をすることで人生は変わる オルヴィエト~タルクィニア編

この連載エントリは、いったいいつまで続くのか。予定では、あと3回くらいで終わります。笑聖フランチェスコの街、アッシジをあとにした我々は、 旅をすることで人生は変わる アッシジ編 - チェコ好きの日記岩壁の上の街、オルヴィエトを目指します。 オルヴ…

旅をすることで人生は変わる アッシジ編

イタリア旅行記、ちょっと飽きてきましたか?笑でも、旅はまだまだ続きます。次に向かうのは、聖フランチェスコの街、アッシジです。 ちなみに、これまでの道程はこちら。旅をすることで人生は変わる フィエーゾレ編 - チェコ好きの日記旅をすることで人生は…

知ってる? ヴィンテージ絵本、というアナザーワールド

先日、『ボクらの時代』という、日曜朝7時からやっているフジテレビのトーク番組を見ていたとき。前後の文脈は割愛しますが、小説家の西加奈子さんが、こんな主旨のことをいっていました。 「“世界はここだけじゃない”と知っていることは、救いになる」。 (…

旅をすることで人生は変わる シエナ編

もし、明日で人生がおわってしまうとしたら、何をしますか?私は、1年くらい猶予があればもちろんまた別に考えますが、もし、明日で人生がおわってしまうとしたら、アンドレイ・タルコフスキーの『ノスタルジア』を見ます。『ノスタルジア』には、この世界の…

旅をすることで人生は変わる フィレンツェ編

前回はフィレツェ郊外の、フィエーゾレという街について書いたところで終わってしまいましたが。 旅をすることで人生は変わる フィエーゾレ編 - チェコ好きの日記 やっと、フィレンツェに入ります。★メディチ家によってその栄華を極め、「花の都」とよばれる…

本好きにとっての隠れた穴場を発見です!

実は年末、こんなところに出かけていました。 ココチホテル沼津 【公式サイト】|ベストレート保証|TOP静岡県沼津市にある、「ココチホテル」というホテル。一見、普通のビジネスホテルなのですが、ホームページをよ~く、ご覧ください。リラックスタイプ、…

旅をすることで人生は変わる フィエーゾレ編

大学4年間と、大学院2年間、計6年間を映画の研究に費やしたという、稀有な(無謀な)経歴の持ち主な私。「おすすめの映画は?」と聞かれれば、もちろん「ヤン・シュヴァンクマイエル」と答えたいところだけれど、(※シュヴァンクマイエルって何?という方は下記…

プラハとウィーン(後編)

2008年、私が大学4年生のとき。ヤン・シュヴァンクマイエルという、マニアックな映画監督を卒業論文で研究するため、 私はチェコに文献さがしの旅に出ます。 前編はこちら→プラハとウィーン(前編) - (チェコ好き)の日記★★★プラハをぐるっと1周した翌日、私は…

プラハとウィーン(前編)

「(チェコ好き)の日記なのに、全然チェコのこと書いてないね」 とたまにいわれてしまうので、今回は珍しく、チェコのことを書こうと思います。★★★私は、20歳をこえてから、毎年どこかしら海外旅行へ行っていました。2007年は、台湾へ。 2008年は、チェコとオ…